HOME

人気の田舎暮らし都道府県ランキング

覚悟の島、壱岐海士町

・おすすめサイト1

・おすすめサイト2

・体験者の話を聞こう!

・積極的な生活支援のある町は?

田舎探しも楽しもう!

・グリーンツーリズム

・ブルーツーリズム

・キャンピングカー

どこに住もう?
地域情報、不動産情報

・意外と違う国民健康保険料

・各地の移住支援サイト

・田舎の医療情報、全国検索

・全国学校検索、その他の子育てサイト

新築・ローン

ログハウス

トレーラーハウス

トレーラーハウスの設置

中古をリフォーム

憧れの薪ストーブ

話題のペレットストーブ

田舎で仕事探し

仕事探しの裏技

田舎の求人情報

田舎でお店を開く

・うどん屋さん 

・そば屋さん 

・パン屋さん

・田舎ベーカリーカフェ

農業で生活

・農業大学校

・日本各地の農業研修所

・就農支援情報

漁業 

林業

野菜のおすすめ保存法

サイトマップ

リンク

 

モバイルサイトへのリンク

NEWS

 

移住して公務員になるチャンス!!

 

2018年度第6回しが移住相談会〜滋賀で公務員になろう!〜滋賀県自治体就職セミナー

 

2019年3月2日(土曜日)14時00分〜16時00分(受付13時45分〜)

滋賀県内の自治体(滋賀県、長浜市、甲賀市、東近江市)が連携し、合同就職セミナーを首都圏で初めて開催します。各自治体の職員採用に携わる職員より、各自治体の魅力、仕事の内容、採用試験等について紹介。

 

会場はLEAGUE有楽町(東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館6F)

 

対象者は県外に居住の方で、滋賀県内の自治体への就職に興味のある方です。

参加費無料

(主催)滋賀移住・交流促進協議会(事務局:滋賀県総務部市町振興課)
(共催)認定NPO法人ふるさと回帰支援センター


2019年2月23日(土)〜24日(日)

 

【大阪発着】わかやま”和み”暮らし現地体験ツアーin田辺市・那智勝浦町

都市と田舎の2つの生活=デュアルライフ(2拠点生活)に興味がある人にはとっておきなのがこのツアー。

和歌山県の南部に位置する2町(今回は田辺市那智勝浦町)を1泊2日で体験する大阪発着バスツアーが開催されます。
世界遺産にも登録されている熊野本宮大社へ繋がる「古道歩き」や
地域イベントへ参加いただく他、先輩移住者や地元住民との交流会もある非常に楽しいイベント。
和歌山でのいなか暮らしに関心がある方は、ぜひお気軽にお申込みください!

申込締切日

2019年2月13日(水)PM5:00まで

開催日

2019年2月23日(土)〜24日(日)

参加費

10,000円

小学生以下無料

定員

15名(最少催行人数8名)

※定員をこえるお申込みをいただいた場合は抽選制


 

20.30代からの田舎暮らしロゴ

 

離島の海士町、今人気の島です

今話題の島は島根県隠岐郡の海士町です。隠岐諸島の島前三島、中ノ島にあります。

2016年の安倍総理の所信表明演説で紹介されたほど有名になった海士町は、国主導で行われた日本各地で合併に参加せず、独立して存続する方針を決めたものの、2004年は破綻寸前でした。
国への債務は101億5000万円を越え、人口は1950年の五千人の約半分まで減り5人に2人が高齢者となって町の再建が急務となりました。


思い切った給与削減が住民に覚悟を決断させた

そこで山内町長は、1期目から自分の給与を30パーセント削減、その後50パーセントまで削減しました。職員も30パーセント〜16パーセントを給与を削減しました。その後、歳出を年間2億円削減し国からの債務を30パーセント削減する事に成功しました。

ふるさと海士

しかし、この島の覚悟はそれだけではありませんでした。税収を上げる為にまず新規の事業を立ち上げ、移住者を募集しました。

独立できる漁業移住者

漁業は他の島では雇用という形で、移住者を受けいるのに対し海士町では半年後に5万円で漁業権を与えて独立させるなど違った形で移住者を受入れています。

最新設備に支えられた販路開拓

『ふるさと海士』は超音波を加えながら冷凍する最新のCAS冷凍システムを導入。そのままでは鮮度が落ちてしまい、販路が島内など近隣に限られていまう為でした。5億ほどの投資でしたが、そのおかげで国内だけでなく上海、ドバイ、米国まで海産物の販路を広げることに成功しました。

また、町で育てる牛のブランド化に成功、『壱岐牛』として有名になり日本各地に販路を広げています。塩の精製工場も作り『海士乃塩』として販売、フレーバーを加えた山椒塩、飛魚塩、鰹節塩、唐辛子塩、ハイビスカス塩なども販売。どちらも『ふるさと海士』でも販売され、相乗効果でどちらも売り上げを伸ばしています。

『島留学』で高校運営を転換壱岐島前高等学校

教育でも廃校寸前だった壱岐島前高等学校を存続させる為に、『島留学』として島外からの生徒を受け入れるために寮を設立しました。
寮費は食費も合わせると約4万円前後とかかりますが、塾に行かなくて済み集中して勉強できるという環境は魅力です。

全校生徒約100人という個別指導が可能な規模を活かして進学コースも設立、有名校への進学も可能にしました。
今では高等学校も島でのウリになっています。