田舎暮らしにペレットストーブ

広告

最近話題のペレットストーブとは? 

その選び方は?

ペレットの意味は『小粒』。おがくず、端材、間伐材などを接着剤で高圧縮して固めたもの。希に大量に水分を含むと割れたりする事があります。

間伐材や木くずなどを有効利用でき、カーボンニュートラルと言う考え方から、自治体により補助金が出るケースがあります。

カーボンニュートラル

ペレットストーブ

木は育つ課程でたくさんの二酸化炭素を内部に固定化させているので、燃やして発生する二酸化炭素は元々大気にあったモノだから、新たに二酸化炭素を発生させた事にはならないという考え方。
それに対して化石燃料は、二酸化炭素を固定化していない上に新たに発生させていると云う理論が背景にあります

現在灯油の方がまだ安いと言われていますが、この先ペレットの生産が多くなればその値段は逆転するかもしれません。

薪ストーブという選択もありますが、ヤニなどの処理を考えると、その取り扱いやメンテナンス性はペレットストーブの方が上です。

最近は特に、自動でペレットを供給するタイプも多くなっています。

デザインもおしゃれになり、後は薪かペレットかは好みでしょうか?

ペレットペレットストーブ(北見市光栄建設)
自動着火式のストーブ。燃費も抜群

ペレットクラブ
非営利団体のサイト

ペレットストーブの製造、販売 近藤鉄工