田舎暮らしの野菜の保存、冷凍方法

広告

漬け物、ピクルスがおすすめ

ご近所にお裾分けしても余った採れすぎた野菜は、漬け物やピクルスにしたりして保存という方法がおすすめ。おいしくもなりますし、非常に健康的で効率的です。しかし野菜によって、向き不向きもあります。

おすすめ出来ない長期の冷蔵

野菜や果物は、冷蔵保存する時は基本的に収穫する時の姿勢に近づけましょう。
横にしたり、上下反対にしてしまうと野菜や果物は姿勢を回復させようと、エネルギーを使ってしまうので早く痛む事になります。

鮮度、栄養価が下がる前に冷凍をする方法も…

しかしそれ以外に、鮮度が落ちる前に冷凍して保存するという方法もあります。
その後の使い方がソースにする、炒めるなど明確な場合は冷凍法をおすすめします。

野菜はとにかく傷みやすく、鮮度が落ちると栄養価も落ちます。当分食べきれない野菜は収穫したら洗い、すぐに火を通すの基本です。


ピーマンほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、アスパラガス、ブロッコリー、オクラ、ピーマン

固めに湯でて、食べるサイズに切って冷凍。保存期間、3~4日。
解凍後はおひたしや炒め物に。

トマトトマト

へたをくり抜いてまるのまま冷凍。解凍時に洗うだけで皮が剥けます。
または、角切りにして冷凍。トマトソースや冷製パスタなどに。保存期間、一ヶ月。

にがうり、ズッキーニゴーヤ

大きめか食べるサイズに切って、茹でるか炒めて冷凍に。保存期間、一ヶ月。

さやいんげん、さやえんどう

固めに茹でて冷凍。火が通りやすいので解凍ぜずにそのまま調理。保存期間、一ヶ月。

きのこキノコ

火を入れずに石付きを切って、生のまま冷凍。
冷凍すると栄養価があがると言われています。乾燥させないようにビニールパックに入れましょう。解凍は自然解凍で行います。 保存期間、一ヶ月。

参考文献 食の冷凍・解凍 保存辞典